団塊向け講座

b0149303_10485151.jpg
 団塊世代はここ何年かで大量に定年退職を迎えます。60歳定年とした場合、昭和23年生まれが今年3月まで、24年生まれが来年の3月までです。狭義の団塊世代とは昭和22年生まれから24年生まれまでですから、ここ何年かで会社勤めから地域に戻ってくる方々が例年より多い数になるということですね。ではここ何年かで地域に団塊世代がどっと出てくるかというと、年金が支給されるのは何年か後ですし、まだまだ元気ですからあと何年かは働く方が多いと思われます。家事以外の仕事を持って働いていた男女だけではなく、子どもが独立して子育ても卒業という団塊世代(多くは主婦?)も多いのではないでしょうか? 今すぐ地域にというのではなくても、そろそろ「地域とは何ぞや?」という研究を始めたほうが良いですよね。

 先日窓口に証明書を取りに見えた女性は、鶴ヶ島市に住んで5年になるが、今までは会社と家の往復だけで、鶴ヶ島市のことを何も知らないとおっしゃっていました。ここで仕事を辞めることになり今後の暮らし方を模索されているようで、ボランティアでもしようかと思うのだが何をしたら良いかも分からないのだそうです。(第1号で申込みをされていきました001.gif

 今回はこのような、地域に住みながら地域を知らないままに今まで来てしまった方々を対象に、講座を企画しました。地域活動を活発にされている方でも、そろそろ夫が定年という方もいらっしゃるでしょう。ご自身が変らず活動を続けていくためにも、夫の地域デビューは課題です。
 対象になる方がいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。チラシは推進センターの他に公民館などにも置いてあります。

[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-15 16:31  

<< つるがしまにユニバーサルなまち... 今年もよろしく! >>