議会傍聴

 12月9日(水)は議会の一般質問2日目でした。
 「つるがしま文化塾」の12月の事業は「議会傍聴」、今年は総勢19名で傍聴しました。
 2日目の午前は、松村議員と川合議員の質問でした。
 松村議員は農業大学校の移転に関すること、学校給食や子ども医療費のことについて、川合議員は食物アレルギーの対応やワクチンの公費補助について質問されました。
 
議場には十八名の議員さんの他、市長、副市長をはじめ各部長が傍聴席から向かって左側に、教育委員会、農業委員会などの関係者が右側に座わります。傍聴席からですと議員さんたちは後姿、市長など職員とは向かい合う形になります。

傍聴席の前は一段低い位置に記者席もあり、ふむふむとまずは議場ウォッチングです。
議員さんや市長たちが入場する扉は左右に1ヶ所ずつあり、そこから出入りをします。傍聴者は傍聴者用の扉があり、そこから出入りをします。

 肝心の一般質問ですが、お二人の議員さんがそれぞれの持ち時間六十分の間に、用意していた質問と関連した再質問を行ないます。
 当日は文化塾関係者の他に四、五名の傍聴者がおり、議員さんも緊張されたのではないでしょうか。
 また今議会の一般質問は三日間だけですが、インターネットで試験配信を行ないました。来年の三月議会は初日から生中継をするとのこと。居ながらにして議会の様子が伝わってきますね。

b0149303_9443584.jpg 議会が始まる前の傍聴席です。












b0149303_94634.jpg こちらは議場です。カメラを忘れ、携帯で撮ったのですが、どれもピンボケで、かろうじて写りの良かった2枚です。
[PR]

by sikatu5600 | 2009-12-17 21:05  

<< クリスマスチャリティゴスペルコ... 11月の「ミドルエイジのための... >>