仲良しです

 昨日は「つるがしま文化塾」企画スタッフのメンバーが集まって、先日の結市の反省と今後、また今期の「つるがしま文化塾」について打ち合わせをしました。
 結市に参加した感想は、「とても楽しかった!」というのが一番多かったです。見る側・買う側ではなく、企画して売る側を始めて経験した方も何人かいて(皆さん、他でも活躍しているので、経験済みという方もいらっしゃるのです)、感動していました。普段触れ合わない出店団体のこともお互いに知り合えて良かったようです。今回の利益はちょっと少なくて7千余円でしたが、上広谷児童館に全額寄付します。赤字になったらみんなで分担して補填するという覚悟で臨みましたので、なにはともあれ、利益が出たことは大きな喜びです。
 と、いうことで「また、やろう!」と、次回の結市も参加が決定しました。今までにこだわらず、どんなものを売ろうかと、頭をひねりました。こういう時間も楽しいですね。

 今期のつるがしま文化塾も、企画スタッフの方々が手分けをして分担、視察の訪問先への交渉なども進めています。3回目にもなると皆さん要領が分かって来て、事務局もぐっと楽になります。こちらはこれから参加者の募集を開始。もうすぐチラシが出来る予定です。

 さて、頭を使った後は、ご苦労さん会です。場所を移して暑気払いをしました。今日の参加者は7名+M職員・O筆者=9名。用事が入って来られなかったスタッフの方々は、とても残念がっていました。そう、みんなとても仲良しなのです。スタッフ3年目の方も、2年目の方も、昨年は受講生で、ここで始めてスタッフになった方も、ずっと前からの友人のようです。お開きにしてお店の外に出てからも冗談を言いあって笑い、また和やかに話している皆さんを見ていると、こちらも楽しくなります。
 まずは点、それから面です。こんな小さな仲良しの輪が鶴ヶ島中に出来れば鬼に金棒ですね。企画スタッフの皆さんは、それぞれ他でも活躍されていますから、重なり合った輪がどんどん増えている感じです。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-07-25 12:29  

<< 団体紹介 「いどばた」 コミュニティルーム >>