NPOと市町村の協働アイディア提案会

 去る7月22日(火)に川越福祉センター講堂において、「NPOと市町村の協働アイディア提案会」が開催されました。これは埼玉県のNPO活動推進課が、県下のNPO団体に市町村との協働アイディアを募集をしたもので、この日はNPOから市町村への協働アイディアのプレゼンテーションでした。推進センターからはM職員、市民活動推進課からはN課長(センター長兼務)、K職員が参加しました。(他にも関係各課から職員が参加)

 鶴ヶ島市には、「特定非営利活動法人NPO埼玉ネット」から市民活動推進センターを名指しで協働アイディアが出されていました。事業の名称は「鶴ヶ島市市民活動推進センター内にラジオスタジオを設置する試み」です。NPO埼玉ネットは、すでに浦和にスタジオを持っていて、それを複数化することで災害時のリスクヘッジが可能になること、平常時は市民団体やボランティアへの情報発信が出来ることや、市民を巻き込んだ制作委員会それ自体が市民団体になるなどの成果を挙げていました。

 しかし・・・。市民活動推進センターはワンフロアーです。一部を囲むことは消防法で不可能ですし、イベントなどを開催する場合、机や椅子や展示物を移動して実施しています。キャンドルナイトのときなどもフロアー全体を使っていますものね。と、いうことでせっかくのラブ・コールでしたが、内容を検討する前に不成立となりました。

 西部地区には20件のアイディアが出されました。しかし、同じ団体、同じ代表のところや中心になって活動しているスタッフがダブっているところもあり、自分たちの活動をこういう形で広げられるのは、まだまだ一部のNPOなのかもしれません。
b0149303_23303142.jpg

 

 
[PR]

by sikatu5600 | 2008-07-31 20:30  

<< パソコン初心者相談会 団体紹介 「いどばた」 >>