2008年 10月 28日 ( 2 )

 

あなたとわたしのチャレンジ・ストーリー

 県民生部男女共同参画課では、「キラリ! 夢 輝く あなたとわたしのチャレンジ・ストーリー」という冊子を発行しています。起業した女性や職人の世界で働く女性など、まだ女性が少ない領域で、パワフルに活躍している女性を10名紹介する事例集(PCでも閲覧できます)です。
 昨年はサッカー女子1級審判員、鉄道運転士、マスコミで話題になった、さいたまゴールド・シアターに参加している女性などが取材されていました。
 その事例集に今年は田中光子さんが取材されました!
 田中さんの市民活動をするきっかけやその内容については、鶴ヶ島市のHP→市民活動推進センターのHP→事業・イベント→つるがしま文化塾→18年度第4回でご覧になれます。 取材に訪れたのは現役の大学生です。昨年の取材班は地域で活動されている人生経験もたっぷりありますという感じの女性たち(鶴ヶ島市在住のNPO法人現代カウンセリングセミナー理事・林邦子さんという方も取材班の一人でした)でしたが、今年は各大学から推薦された大学生だそうです。取材スタッフは5名で、取材係と写真係2名で組んで行動をしているそうです。
 「なぜ私なんか・・・」「もっと相応しい人がいるでしょうに」と謙遜しきりの田中さんでしたが、取材した大学生たちは大感激、ボランティアでこんなに多方面で活躍している大人に会えて、
すごく良かったです!」と話していました。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-28 17:16  

小さな訪問者

 003.gif006.gif014.gif019.gif017.gif023.gif021.gif043.gif041.gif026.gif015.gif001.gif 
 いつもペットボトルのフタをたくさん届けてくださる富士見保育所の子どもたちが、今日は牛乳パックを届けてくれました。 
 聞けば2歳児とのことで総勢25名ぐらい! 小さな身体で一人1本ずつ牛乳パックを持ってカウンターに差し出す様は、ほんとうに可愛かったです。もう少し大きくなると身長もまちまちになるのでしょうが、2歳児ぐらいだとみんな同じぐらいなのですね。
 
 保育所とは違うレイアウトの推進センターは、2歳児にとっては異空間です。入り口付近のチラシは風で飛ばされないようにペーパーウエイト代わりに熊さんなどの飾り物を置いてあるのですが、それを見つけてうわぁっと寄っていきます。「さわっちゃだめよ」と保育士さん。 058.gif秋晴れのなか、元気に帰っていきました。みんな、ありがとう!
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-28 15:10