2009年 07月 25日 ( 1 )

 

7月の「ミドルエイジのための+αカフェ」

 今日は第3回目の「ミドルエイジのための+αカフェ」でした。1回目は「趣味を活かして(音楽)」、2回目は「趣味を活かして(パソコン)」というふうに、ゲストをお迎えして開催しましたが、3回目の今回は、このカフェに何を求めるのかをみんなで話し合いました。
 あくまで大雑把な言い方ですが、一昔前に定年を迎えられた概ね70代以上の方々と違い、ミドルエイジ世代は、年金だけで暮らしていくのは結構難しく、定年後に市民活動やボランティア活動を始めようとしても、交通費や弁当代を持ち出しではなかなか思うように活動できません。それは今まで地域活動をされてきた方も同じことです。
 しかし、身体はまだまだ元気だし、仕事を辞めてからこそ地域とつながりを持つことが、豊かな暮らしへの第1歩になると思われます。
 「せめて年金の他に一人5万円の収入を得たい」というのが、定年後の夢(?)だと聞きました。
 ちょっとした収入があって、地域貢献も出来る、自分も張り合いがあるし、人にも喜ばれる・・・こんな暮らし方を提案するのが「+α」なのです。
 自分にとっての「+α」は? 
 最初に収入のことを言いましたが、人によっては仲間かもしれないし、生きがいかもしれません。今回も、すでに地域で活動している方、そろそろ定年を迎えるので地域の様子が知りたい方、また、広報を見て初めて参加されたという方など、いろいろです。
 そこでまず自己紹介をしていただき、その後、この会に何を求めているのかを伺いました。
 すでに地域で活動をされている方は、この場が新たな知り合いの場になり、ネットワークやコラボレーションの場になれば良いのではないかと話されます。それに対してただのおしゃべりだけではつまらない、それだと先細りになるという意見もあります。先月初めて参加された方は、テーマが自分にぴったりだからいってみようという気になった、これが今月のように「みんなで語ろう」というテーマだったらおそらく来なかったとおっしゃいます。「わかば風の会」のYさんが、これから立ち上げようとしている”わかば大学塾”の講師募集のチラシを皆さんに配布したのですが、このように情報も得られるし横の繋がりも出来るというカフェが良いという意見もありました。

 いずれにしても誕生して今月で3回目のカフェです。毎月ゲストをお招きしつつ、また時には「みんなで語ろう」の回を入れながら、もう少し運営してみようということになりました。
 8月は夏休みですが、9月は「福祉」がテーマで、第4土曜日午後2時から開催します。
 これから地域デビューを考えているミドルエイジの方、お待ちしています。また、すでに地域で活動されている方々は、ご自分の体験などを話しにいらっしゃいませんか?

b0149303_20521083.jpg 
[PR]

by sikatu5600 | 2009-07-25 21:06