2009年 12月 22日 ( 2 )

 

ミドルエイジのための「+αカフェ」忘年会

 
b0149303_19444725.jpg
 毎回ゲストをお招きして開催している「+αカフェ」ですが、今月はこれまでのゲストの方々にもお声をかけて、忘年会を開催しました。
 当日は職員も入れて13名の参加があり、1つのテーブルを囲むのにちょうど良い人数でした。

 司会は「+αカフェ」実行委員会のIさんです。Iさんは「普通の自己紹介ではつまらないから」と、「今年始めたこと、印象に残っていること」を入れての自己紹介にしようと提案されました。
b0149303_10474041.jpg
 自己紹介もちょっと工夫をすると、その方の生活ぶりが見えてきます。もう一歩深く知り合えるきっかけが出来ますね。
 皆さん、実に多彩でした。
 司会のIさんはコミュニティビジネスの会社を立ち上げ、パソコン教室を始めいろいろな事業をされていますが、その1つとして情報発信の「市民情報クラブ」を新たに作ったこと、そのオフ会として「メディア・カフェ」を毎月1回開催していることなどを話されました。もう一人の実行委員・Fさんはソーシャルワーカーの仕事をしながらNPO法人や、社会福祉協議会の運営にも関わっています。今年は特に新しいことはなかったけど、来年あたりからは趣味の時間もつくりたいそうです。
 1回目のゲストでお呼びしたモスリンさんは鼻笛の教室を開催されているそうですが、今年は精神の障害を持っている方へのコンサートをされたとのこと、また、前回のゲストである松尾さんは来年4月から県の市民活動支援センターを指定管理で運営することや、緊急雇用対策をNPOにも対応してほしいという運動していることなどを話されました。
 参加された皆さんも多様です。
 京都検定2級に挑戦された方、今まで東京志向だったが、来年60歳になるので鶴ヶ島にも関心を向けたいという方、NPO法人「南国暮らしの会」に入会して、南国でロングスティを楽しんでいるという優雅な方も!! 仕事を辞めたので、趣味と実益を兼ねたことがしたいという方、反対に年金だけでは生活出来ないので、今はビル管理の仕事をしているという方も。
 また坂戸市(推進センターは坂戸市との境にあるので、公共施設としては、鶴ヶ島市のほうが近いという方も多くいらっしゃいます。反対に坂戸市の施設を利用させてもらっている鶴ヶ島市民もいるのでしょうね。)に引っ越してきたばかりという方は、足もみの技術を持っているので足もみ教室を開いて、多くの人に足もみが出来るようになってほしいと話されました。
 今回は年齢も50代、60代で固まりました。今後の人生について考えざるを得ない年齢です。先ほどの話ではありませんが、年金だけでは食べていけないから新たな仕事をと言っても、今度は年齢的に雇ってはもらえません。
 では、どうしたらよいのか??? これはもう自分たちで仕事起こしをするしかありません。これからもう一度仕事?と重い気持ちになるのではなく、子育ても終わったこれからは自分たちが楽しく満足できればいいのですから気は楽です。それぞれが特技を持ち合えば、何か出来るのではないでしょうか。
 少しお酒も入り、皆さん良い気持ちで語ります。
 最後に「まちを元気にするにはどうしたらよいか」と司会のIさん。 松尾さんの「若い女性を集めれば人は集まる」という発言に、「そうか・・・」と納得の皆さんでした。
  
[PR]

by sikatu5600 | 2009-12-22 20:06  

クリスマスチャリティゴスペルコンサート

 去る12月12日(土)に、「オリーブ・ゴスペル・クワイア」、「寿限無(ジュゲム)」、「GOGA(ゴーガ)」によるチャリティコンサートが推進センターで開催されました。
 「オリーブ・ゴスペル・クワイア」と「寿限無(ジュゲム)」は子どもたちも参加して、可愛い歌声を聞かせてくれました。
b0149303_18264332.jpg
 
[PR]

by sikatu5600 | 2009-12-22 18:29