<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

視察に来館されました。

 公民館や図書館と違い、市民活動センターはまだまだこれからの施設です。なにしろ一番最初に出来た埼玉県の「彩の国市民活動サポートセンター」が13年8月に設置なのです。わが市のセンターは開設3年半ですが埼玉県内で5番目に出来た施設です。けっこう早かったのですね。では、他市町村はどうかというと、今年の2月に県がアンケート調査をして回答があったのは13ヶ所(含・県の施設)でした。設置場所や管理方法、職員の有無までさまざまなので、ちょっと比較してみましょう。設置年月順に並べると、
①埼玉県(H13年8月14日)「彩の国市民活動サポートセンター」県民活動総合センター(伊奈 町)の一部を利用。県から(財)いきいき埼玉が受託の上、業務はNPO法人エヌピーオーさいたまに委託。1名常駐。ボランティア相談員1名。
②越谷市(H13年9月1日)「市民活動団体室」中央公民館内にあり、利用者の自主管理。
③蓮田市(H14年3月10日)「はすだNPOプラザ」コミュニティセンター1階のスペースを使用。 公設民営で、「NPO法人市民プロジェクトはすだ」に管理運営委託。
④入間市(H16年4月1日)「入間市市民活動センター」既存の施設を改装し、1、3階を使用。  公設民営で受付業務のみ市民団体「まちづくりサポートネット元気な入間」が担当。当面は貸館施設。
⑤鶴ヶ島市(H16年6月26日)「鶴ヶ島市市民活動推進センター」新設・公設公営。ワカバウォーク(シ ョッピングセンター)内で賃貸。正職員2名を含む8名でのシフト制。常時2.3名勤務。一部証明書発行業務兼任。
⑥鴻巣市(H16年7月1日)「鴻巣市市民活動推進コーナー」駅前行政サービスセンター内。公設公営。職員常駐はなし。
⑦ふじみ野市(H18年5月1日)「市民活動支援センター」新設。ふじみ野市サービスセンターの1室。 市の直営。非常勤のコーディネーターが週3日、臨時職員2名が2日ずつ常勤。
⑧川口市(H18年7月1日)「かわぐち市民パートナーステーション」新設。キュポ・ラ商業・公益棟4階。公設公営。職員8名、社会福祉協議会職員3名、ボランティアコーディネーター2名常駐。
⑨戸田市(H18年7月1日)「戸田市ボランティア・市民活動支援センター」市役所敷地内。市民・社会福祉協議会・市の三者による共同運営。社協職員2名、サポートスタッフ(市民)1名、NPO法人戸田市ITボランティアの会1名の4名が常勤。
⑩朝霞市(H19年5月1日)「市民活動支援ステーション」新設。都市再生機構コンフォール東朝霞6号棟1階部分一部借り上げ。市直営。市職員2名、派遣社員1名(受付・案内)
⑪坂戸市(H19年5月1日)「坂戸市市民活動交流フロア」北坂戸出張所の一部を利用。公設公営。職員常駐はなし。
⑫草加市(H19年10月1日)「市民活動センター」草加市立市民交流センター1階を利用。市の直営。正職員2名、臨時職員3名のシフト制。
⑬さいたま市(H19年10月25日)「市民活動サポートセンター」新設。指定管理者・NPO法人さいたまNPOセンターと市の共同管理運営方式。指定管理者が主に運営や事業を担当、市が主に施設管理を担当。

 と、いう様な状況なのですが、これから検討しているという市町村が、時々視察に来館されます。

 今日は蓮田市から来館されました。蓮田市では職員でプロジェクト・チームをつくり、現在手分けをして既存の施設を視察しているそうです。まず施設設備より、つくるまでの過程や運営方法をしっかり聞いてくるようにと送り出されてきたとのこと。細部までしっかり学んでいかれました。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-29 17:03  

あなたとわたしのチャレンジ・ストーリー

 県民生部男女共同参画課では、「キラリ! 夢 輝く あなたとわたしのチャレンジ・ストーリー」という冊子を発行しています。起業した女性や職人の世界で働く女性など、まだ女性が少ない領域で、パワフルに活躍している女性を10名紹介する事例集(PCでも閲覧できます)です。
 昨年はサッカー女子1級審判員、鉄道運転士、マスコミで話題になった、さいたまゴールド・シアターに参加している女性などが取材されていました。
 その事例集に今年は田中光子さんが取材されました!
 田中さんの市民活動をするきっかけやその内容については、鶴ヶ島市のHP→市民活動推進センターのHP→事業・イベント→つるがしま文化塾→18年度第4回でご覧になれます。 取材に訪れたのは現役の大学生です。昨年の取材班は地域で活動されている人生経験もたっぷりありますという感じの女性たち(鶴ヶ島市在住のNPO法人現代カウンセリングセミナー理事・林邦子さんという方も取材班の一人でした)でしたが、今年は各大学から推薦された大学生だそうです。取材スタッフは5名で、取材係と写真係2名で組んで行動をしているそうです。
 「なぜ私なんか・・・」「もっと相応しい人がいるでしょうに」と謙遜しきりの田中さんでしたが、取材した大学生たちは大感激、ボランティアでこんなに多方面で活躍している大人に会えて、
すごく良かったです!」と話していました。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-28 17:16  

小さな訪問者

 003.gif006.gif014.gif019.gif017.gif023.gif021.gif043.gif041.gif026.gif015.gif001.gif 
 いつもペットボトルのフタをたくさん届けてくださる富士見保育所の子どもたちが、今日は牛乳パックを届けてくれました。 
 聞けば2歳児とのことで総勢25名ぐらい! 小さな身体で一人1本ずつ牛乳パックを持ってカウンターに差し出す様は、ほんとうに可愛かったです。もう少し大きくなると身長もまちまちになるのでしょうが、2歳児ぐらいだとみんな同じぐらいなのですね。
 
 保育所とは違うレイアウトの推進センターは、2歳児にとっては異空間です。入り口付近のチラシは風で飛ばされないようにペーパーウエイト代わりに熊さんなどの飾り物を置いてあるのですが、それを見つけてうわぁっと寄っていきます。「さわっちゃだめよ」と保育士さん。 058.gif秋晴れのなか、元気に帰っていきました。みんな、ありがとう!
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-28 15:10  

チラシBOX

b0149303_033512.jpg
 牛乳の空きパックでチラシBOXを作りました。(写真右奥)今までテーブルいっぱいにチラシが並んでいた「キッズ・親子コーナー」ですが、ほら、こんなにすっきりしました。

 こちらはチラシBOXのおかげで、今まで以上にチラシが置けるようになった入り口のテーブルです。1段4口が3段で、牛乳パックを30個近く使います。それにしても最初にこれを考えた人、なかなかのアイディア・マン(ウーマン?)ですよね。
b0149303_04368.jpg

[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-22 20:54  

つるがしま文化塾その2

 10月4日(土)に開催された「つるがしま文化塾」ですが、昼食の後は、参加者交流講座「自分をPRしよう!」です。これから半年間一緒に学ぶ受講生たちですから、なるべく早くお知り合いになりたいものです。打ち解けるにはちょっと童心に戻ると早いですよね。そこでまずゲームでグループ分けをして、呼ばれたいニックネームや出身地、好きな食べ物・飲み物について紙に書き・・・。
b0149303_1561515.jpg

 
 時間を決めて、自己紹介をします。
b0149303_14425636.jpg


 次は再びゲームをして違うメンバーのグループに分け、趣味・特技、夢について同じように自己紹介をし、最後に大きな輪になって全員の前で自己紹介をしました。この頃になると皆さんすっかり打ち解けて、仲間の自己紹介のフォローをする方まで出てきます。自己紹介の最後の項目は「本日の感想」だったのですが、楽しかった、面白かったと言う感想が多かったです。たまには童心に返って、わいわい楽しむのも良いですね。

 今回は第1回目の、それも午前中の講義が終わった段階で、「次は企画スタッフになります」という頼もしい申し出もありました。企画スタッフの皆さんがいきいきと楽しそうに活動されている様子が印象的だったのでしょう。嬉しいですね。

 さて、次回は11月6日(木)「市内の農業・環境問題を探る」というテーマで農業大学校と高倉クリーンセンターを訪問します。両施設訪問の後はごみ焼却の余熱を利用した日帰り入浴施設「ふろいで」で、お風呂に入りながら更なる交流を深めます。(昼食も「ふろいで」で摂ります)

 「つるがしま文化塾」は若干の余裕があります。あなたもいかがですか?
【12月以降の予定】
12月・・・議会傍聴と市役所内見学
 1月・・・イベントを企画してみよう
 2月・・・鶴ヶ島を知って愛着を持とう(市内の施設・企業訪問)
 3月・・・イベントを開催しよう!
 ※詳細は推進センターまでお問合せください。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-18 15:46  

鶴ヶ島市第3地区青少年健全育成推進協議会

b0149303_16501669.jpg

 14日(火)は第3地区青少年健全育成推進協議会広報部の皆さんが広報発行作業に見えました。印刷済みの広報4000部(範囲は富士見・五味ヶ谷・上広谷)を折り機を使って半分に折り、その間に1枚挟みこんでいく作業です。「すこやか通信」は犯罪防止の記事や、地域で開催された行事の報告、各小・中学校からのコメントや公民館からのお知らせなど盛りだくさんです。広報部員は8名で、年2回発行しているそうです。紙折り機では出来ない挟み込み作業を、日が暮れるまでされていました。皆さん、お目に留まったら、しっかり読んでくださいね!
 
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-16 17:23  

つるがしま文化塾

 10月4日(土)に、今年も「つるがしま文化塾」が開講しました! 早いもので今年で4期目です。卒業生による企画スタッフもすっかり定着し、企画はもちろん、受講生募集から当日の役割分担までスムーズに運びます。
b0149303_12353869.jpg

 第1回目の講演講師は藤縄市長。鶴ヶ島生まれで鶴ヶ島育ちの市長にお願いしたテーマは「鶴ヶ島の将来展望」。市の職員を経験している藤縄市長は、鶴ヶ島市の変遷や財政状況を説明し、優先的にしなければならない事業や、市長として是非やりたい事業などを手づくりの表を使って、分かりやす
く説明されました。
b0149303_12345396.jpg

手書き資料の一部です。なかなかの力作(?)ですね! 進捗状況などに思いをめぐらせながら、色を塗り分けていかれたのかなあと想像しました。
 詳しいご報告は後日まとめてからご披露したいと思います。(過去の「つるがしま文化塾」のまとめも市民活動推進センターのHPでご覧いただけます)

 講演終了後は質疑応答です。講演内容に対する突っ込んだ質問や意見・感想も次々と出されて、活発な会になりました。行政の情報を直接、それも市長からお聞きする機会はなかなかなく、充実した講座になったのではないでしょうか。
 終了後は午後の講座に備えてみんなでお昼を一緒に摂ったのですが、ここまで市長も同席。食事をしながらの会話も弾みました。
 
 
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-14 17:19  

みずかけ“サ”論 2008 第2回

b0149303_1231141.jpg
 10月4日(日)。一番奥の長テーブルでは、NPO法人荒川流域ネットワーク/荒川流域再生プロジェクトが主催、関東建設弘済会が後援の「みずかけ“サ”論 2008 第2回」という会議。何と言ってもテーマがすごい!
『東京湾から来たアユを菅間堰の上流に上らせたい』 皆さん、活発に話し合われていたようですが、ど、どうやって・・・? 途中まで上ってきたアユが視界の向こうに見えてきた堰を確認、助走をつけてエイっとばかり飛び越える姿を想像してみたのですが・・・。そもそもそういう場合、「助走」というのか?もしかして「助泳」??? 会議に参加していたMさんは、「それより私は食べたい」と言っていましたが、同感かも。
b0149303_12315176.jpg


 さてさて、なにか良い方法は見つかったのでしょうか?

 
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-07 17:02  

可愛い来館者

b0149303_2363570.jpg

 夕方、可愛い2名の来館者がありました。窓口に来て、「学校で施設について調べているんですけど、この施設について教えてください。」聞けば栄小学校の6年生とのこと。相好を崩したヒロヨお姉さんから、丁寧に教えてもらっていました。推進センターには時々パソコンを使いに来ているお馴染みの二人です。もう少し大きくなったら、市民活動で使ってね。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-03 23:12  

赤い羽募金

b0149303_845252.jpg
 今日から赤い羽募金が始まりました。推進センターでは社会福祉協議会が赤い羽募金について展示中です。赤い羽募金の成り立ちや使われ方を理解すると、募金の仕方も違ってくるかもしれません。どうぞご覧くださいね。
[PR]

by sikatu5600 | 2008-10-01 22:46