<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

消防点検

b0149303_11211188.jpg


 今日は消防点検がありました。スプリンクラーのところに、おわんを逆さにしたようなものをかぶせ、一つ一つ点検していきます。かぶせたときに赤いランプが点けば、正常に作動しているということなのだそうです。ちなみに火事になった場合、どのぐらいで水が出てくるのかと質問してみました。「そうですねえ、だいぶ火の手が上がってからですね。」002.gif

 そうなのか・・・と不安そうな顔をした職員に、「でも先にベルが鳴りますから」 
何はともあれ、何もないことが一番です。

 昨日は何団体も入ってにぎやかだった推進センターも、今日は静かです。推進センターの利用者はチラシを見に来る方も入れて、平均すると1日に80~100名ぐらいでしょうか。多い日でも140名ぐらい、少ないと50~60名ぐらい。300,400名になる日もありませんが、0になる日もない・・・。いろいろな人が予約もなく訪れるわけですが、面白いですね。
 
[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-29 15:19  

寒い日です!

 今日は朝からどんより曇り、日中になっても温度が上がりません。さすがに真冬という寒い一日・・・。そんな中を富士見保育所の小さなお客さんが30名ぐらい「こんにちわー!」と元気に来館してくれました。寒いからでしょうか、昔懐かしい青っ洟を垂らした子どもも2,3人います。
 今回もみんなで集めたペットボトルのふたをたくさん届けてくださいました。いつもありがとうね!
 
b0149303_11104422.jpg

 寒い中、証明書を取りに見える方は多いのですが、市民活動関係の来館者はポツリ、ポツリですね。そんな中、「わかば風の会」のYさんと、「鶴ヶ島パソコンサポートボランティア」のYさんが推進センターでバッタリ 市民活動談義で盛り上がっていました。

               

                                           

 
[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-21 15:56  

ヤングボランティアグループ コスモス

b0149303_1173044.jpg
 「ヤングボランティアグループ コスモス」は知的な障がいを持った中・高校生や社会人の仲間たちと一緒に活動するグループで、ボランティアは近隣の学生や若い社会人がメンバーです。障がいを持っている人もそうでない人も一緒に楽しく過ごそうという主旨のもとで様々な活動をしています。活動と言うとちょっと固苦しいですね。一緒にお菓子を作ったり、買い物に行ったり遊びに行ったりと、日常生活を共に過ごしているということでしょうか。
 このたび、埼玉県から表彰されたというので、推進センターに表彰状を展示中です。


b0149303_118219.jpg
 今日はみんなで高坂の動物園に行って来たそうで、帰りがけに推進センターで反省会をしていました。集中して話し合ったのでしょうね、短時間で、「終わりにします」「お疲れ様!」と、帰っていきました。爽やかなメンバーでした。
b0149303_1181185.jpg

[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-19 01:28  

第4回 つるがしま文化塾

b0149303_1143091.jpg
 第4回目のテーマは、「イベントを企画してみよう」です。これは3月に開催される「ボランティア・市民活動フェスタ」に文化塾として参加してみようという企画です。
 さて、どんな分野で参加するか、皆さんから自由に意見を出していただきました。いろいろ出されたのですが、結果は推進センター運営実行委員会に協力して、ぬいぐるみを販売する事になりました。後は甘酒とジュースです。なぜ運営実行委員会に協力することになったのか? なぜぬいぐるみなのか? これらについては後日に続く・・・です。お楽しみに。
[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-18 17:14  

つるがしまにユニバーサルなまちが実現か?

b0149303_10535412.jpg


 以前にもこのブログで紹介した、「いどばた」の管理人・ゆずきさんからメールが届きました。

   ・・・略・・・さて 昨年より企画致しておりました音声ガイド付き映画の観賞会を東武東上線若葉駅より徒歩3分の所にありますシネプレックス若葉にて開催できることになりました。

 シネプレックス若葉様のご好意と、シティライツの応援により又 鶴ヶ島のボランティア団体、花咲くおとめ座、鶴ヶ島市民映画舎、してアイネットのご協力を得まして開催の運びとなりました。

 日時 2009年2月17日(木)昼の部。
 正確な時間は 2月9日にならないと分からないそうです。
 参加費 ¥1200...観賞代¥1000と保険代 諸経費¥200です
 諸経費は、音声ガイドをつけることのできるボランティアさんがいないために、都内から舞台俳優さんを御願いしているのでその交通費と謝礼に使わせていただきます。・・・略・・・
 

 「シネプレックス若葉」はワカバウォークの中にある映画館ですが、このような大型館で音声ガイドつき上映は、初めてのことだそうです。本日推進センターに集まって相談しているのは、上記協力団体の方々です。
 映画館では、音声ガイドは主催者側で用意してほしいとのこと、それで今回も都内から音声ガイドの出来る舞台俳優さんをお願いしたのですね。
 協力団体の方々は前向きです。それでは鶴ヶ島市で養成すれば、年に何回かは音声付映画の上映ができるねと話しは進み、あっという間に下記のチラシが出来ました。3時からの「ボランティア・市民活動フェスタ」の会議で配るのだそうです。

「市内の視覚障害者の皆様の活動と若葉シネコンプレックスのご支援により、 副音声付の映画の上映に協力いただけることとなりました。 視覚障害者の皆様が劇場で一般の方々と同様に映画鑑賞できる環境づくりを行うために、副音声の製作・ライブのボランテアグループの発足が求められています。
多種多様な人々が等しく楽しい生活を送れる豊かな街づくりを実現するため皆様のご支援をおねがいいたします。
「誰も守ってくれない」を副音声つきでシネプレックス若葉(鑑賞代1000円/保険など200円)で上映いたします。また、2009.3.29(日)に東公民館で「夜間中学校 こんばんは」を副音声つきの映画(無料)の上映を行います。
市内の市民活動団体や、市民の皆様にごらん頂き、ご支援いただければ幸いです。
主催 アイネット/いどばた
              協賛 沢山の市民活動団体

[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-17 16:52  

団塊向け講座

b0149303_10485151.jpg
 団塊世代はここ何年かで大量に定年退職を迎えます。60歳定年とした場合、昭和23年生まれが今年3月まで、24年生まれが来年の3月までです。狭義の団塊世代とは昭和22年生まれから24年生まれまでですから、ここ何年かで会社勤めから地域に戻ってくる方々が例年より多い数になるということですね。ではここ何年かで地域に団塊世代がどっと出てくるかというと、年金が支給されるのは何年か後ですし、まだまだ元気ですからあと何年かは働く方が多いと思われます。家事以外の仕事を持って働いていた男女だけではなく、子どもが独立して子育ても卒業という団塊世代(多くは主婦?)も多いのではないでしょうか? 今すぐ地域にというのではなくても、そろそろ「地域とは何ぞや?」という研究を始めたほうが良いですよね。

 先日窓口に証明書を取りに見えた女性は、鶴ヶ島市に住んで5年になるが、今までは会社と家の往復だけで、鶴ヶ島市のことを何も知らないとおっしゃっていました。ここで仕事を辞めることになり今後の暮らし方を模索されているようで、ボランティアでもしようかと思うのだが何をしたら良いかも分からないのだそうです。(第1号で申込みをされていきました001.gif

 今回はこのような、地域に住みながら地域を知らないままに今まで来てしまった方々を対象に、講座を企画しました。地域活動を活発にされている方でも、そろそろ夫が定年という方もいらっしゃるでしょう。ご自身が変らず活動を続けていくためにも、夫の地域デビューは課題です。
 対象になる方がいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。チラシは推進センターの他に公民館などにも置いてあります。

[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-15 16:31  

今年もよろしく!


 穏やかな、暖かい新年を迎えました。今年も市民活動推進センターをよろしくお願いします。
b0149303_1045167.jpg

[PR]

by sikatu5600 | 2009-01-05 10:39