<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

特定非営利活動法人ガイドブック埼玉県版

b0149303_15105169.jpg
 写真のガイドブックが埼玉県から発行されました。
 「特定非営利活動法人(NPO法人)とは」という基本的な解説から、法人を設立するときの手続き、運営、解散と合併などが詳しく解説されています。推進センターでも閲覧用として書棚に置きますが、1冊500円で販売もするそうです。これからNPO法人を設立したい方、NPO法人について詳しく知りたい方、まずは推進センターで閲覧してみてはいかがですか?

 推進センターにはその他いろいろな情報誌が送られてきます。今後の活動のヒントになる情報も見つかるかもしれません。どうぞいらしてください。
[PR]

by sikatu5600 | 2009-03-31 16:46  

今日の市民活動推進センター

 今日は昨日とは打って変わってうす曇の肌寒い日曜日です。
 しかし、推進センターは朝から大賑わいで、倉庫から椅子を追加するほどです。9時過ぎから続々と集まってくる若者たち2つの団体(ヒーロースクールとコスモス)でひしめき合っていました。
b0149303_1505175.jpg
 コスモスは障がいをもつ子どもや若者と一緒に活動している団体です。今日は保護者会をしているようで、親たちと会議をしているスタッフ、子どもたちと一緒に遊んでいるスタッフとグループに分かれて活動でした。

b0149303_151623.jpg
b0149303_1511597.jpg
 こちらも午前中から作業をしている親子劇場。午後には人数も増えて、てきぱきと素敵な掲示版が完成していきます。 午後は熟年メンバーの「どんぐりの会」という団体がパネルで仕切りを作って、総会をしていました。引き続き使用している「ヒーロースクール」(お昼時はハンバーガーのにおいが充満していました・・・)、午後もやっぱり満員御礼状態でした。
[PR]

by sikatu5600 | 2009-03-22 15:52  

ボランティア・市民活動フェスタ2009

 3月15日(日)に東公民館と隣接する市民の森を会場に、≪ボランティア・市民活動フェスタ2009≫が開催されました。風もなく抜けるような青空のもとで、大勢の市民の方々が展示に、舞台に、模擬店にと大活躍でした。
「つるがしま文化塾」は今年度最後の講座です。「イベントを開催しよう!」というテーマのもと、フリーマーケットに参加しました。
b0149303_14325794.jpg
 
 受講生が販売したのは、ぬいぐるみを中心としたおもちゃです。これらは市民から提供されたもので、利益は推進センター5周年記念写真展の豪華(???)賞品代になります。
 大道(といっても駐車場ですが)での物品販売なんて、おそらく初めての経験というおじ様たち。意外な一面を発揮して、売り込みの掛け声も決まっています。

b0149303_1434627.jpg
 フリーマーケットへの出店は合計9店、「富士見花と緑を愛する会」が苗木などを販売したほか、衣類や食器、材木などが売られていました。

b0149303_14551956.jpg
 写真は会場を盛り上げる「花咲く乙女座」のチンドンバンドです。

b0149303_143568.jpg
 市民の森では椎茸のほだ木作りや、

b0149303_14352877.jpg
 忍者修行もあり、大人も子どもも楽しんでいました。


b0149303_14361260.jpg
  こちらはスタンプラリーの景品引渡所です。

b0149303_14363499.jpg
 1階ロビーでは世界の料理(7ヶ国)が用意され、評判は上々です。景品引渡所もそうですが、裏方で頑張る実行委員さんが各所で活躍して成り立つフェスタです。

b0149303_143781.jpg
 公民館の入り口正面では、地域ICT利活用モデル構築事業のデモンストレーションが行われました。

b0149303_14372382.jpg
  今年も子どもたちの遊び場として、移動児童館や子どもの遊び場が出現しました。

b0149303_14375815.jpg
  2階ではそのほかに、助成金事業報告会や、視覚障害者体験教室、福祉クイズ、写真撮影体験などが、各団体の協力の下に開催されました。

b0149303_14535438.jpg
 公民館の前庭は、各団体によるおいしい模擬店がぐるりと出店し、食欲をそそっていました。

b0149303_14342492.jpg
 フェスタも終盤に近づいて来た頃、若者による24時間ごみ拾い隊が、拍手に迎えられて帰還しました。

b0149303_14554775.jpg
  フィナーレはみんなで折ったジャンボ鶴に・・・

b0149303_1456316.jpg
  協力して金色の色紙を貼り付けて・・・

b0149303_14563579.jpg
  飛ばそう(?)というものです!

b0149303_14565040.jpg
  見事に舞い上がったジャンボ折鶴に風船や紙ふぶきも絡まって・・・。参加した皆さんがシンボルツリー「りんごの木」を囲んで無事に終了したことを祝い合いました。
 
[PR]

by sikatu5600 | 2009-03-17 18:12  

ドイツ国際平和村写真展

 昨年の10月末に推進センターに1通のメールが届きました。メールの主は鶴ヶ島市に住むSさんで、昨年1年間ドイツのNGO「FRIEDENSDORF INTERNATIONAL(ドイツ国際平和村)」で働いていたそうです。「世界うるるん滞在記」でも取り上げられ、女優の東ちづるさんも何度かいらっしゃいました。そこでの経験や医療の乏しい国、紛争地域の子供たちの現状を何らかの形で広く伝えることができないかと思い、何処かで写真展が出来ないか、もしくはパンフレットだけでもどこかに置くことは可能か」という問合せでした。どこに問い合わてよいか分からず、ネット検索をしているうちに推進センターにたどり着いたのだそうです。

 これには筆者もびっくりです。何を隠そう(って、隠すことではないのですが)ドイツ国際平和村を東ちずるさんが訪ねたときの放送は、筆者も見ていて心に残っていました。戦争や紛争の犠牲になって、生まれたときから誰からも愛情を受けられなかった子どもたち(2,3歳ぐらいまでの子どもだったと思います)が大勢、うつろな瞳でカメラを見ていました。何の感情もないとはこういう表情になるのかと、強いショックを受けました。もっと大きい子どもたちも、手足がなかったり、大やけどをしたり大変な犠牲を負っています。ドイツ国際平和村はこのような子どもたちをドイツに連れてきて治療を受けさせ、回復すると自国に返すという活動をしています。

b0149303_1351238.jpg
 Sさんは高校生のときにこの番組をみて、強いショックを受けたそうです。ずっと心に残っていたSさんは大学でもドイツ語を専攻し、10年後に念願がかなって1年間のボランティアに行ってきたそうです。来館していただいて話しを伺ったのですが、CD-Rに収めた写真はあるのですが、現像するにも額を買うにも資金がありません。場所さえあれば自分で費用を出すつもりだったというSさんですが、こういうときこそ推進センターの力が試されます。思いつくところに声をかけたのですが、鶴ヶ島市国際交流協会は今回は他の事業があるので見送りという返事、その後声をかけたふじみの国際交流センターが二つ返事で乗ってくれました。
 と、いうことで資金面ではふじみの国際交流センターが、人力その他では推進センターが協力して、第1回の写真展が開催されました。写真は推進センターでの準備風景です。
b0149303_13513330.jpg



そしてこちらはただ今開催中(15日まで)のふじみ野市大井公民館のギャラリースペースです。推進センターでももちろん開催したいですし、図書館などで出来るといいですね。Sさんと同じ時期にボランティアをしていた狭山市の友人も見に来てくださいました。Sさんはこの友人とも一緒に写真展を開催したいと言っていました。いろいろな場所で多くの人に見てもらえるといいですね。
b0149303_18485033.jpg
[PR]

by sikatu5600 | 2009-03-12 20:48  

第5回ボランティア・市民活動フェスタ

b0149303_13461853.jpg
 3月15日(日)は、「鶴ヶ島ボランティア・市民活動フェスタ」が開催されます。場所は東公民館と隣接する五味ヶ谷市民の森。チラシでごらんの通り、様々な参加の仕方、楽しみ方が盛りだくさんです。
b0149303_13464534.jpg

 どうぞ、ふるってご参加ください!!
[PR]

by sikatu5600 | 2009-03-03 23:32