<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

CB研究会発足しました!

 昨年の5月から開催してきた「+αカフェ」は、毎月いろいろな分野のゲストをお招きして、ご自身の活動を語っていただき、その後お茶を飲みながら自由におしゃべりをするというものでした。
 「+α」とは、退職後に年金収入だけではなく、ちょっとしたお小遣い(地域活動をしても弁当代や交通費ぐらいの収入)が入ってくるというような暮らし方や、あるいはもう少し積極的にコミュニティビジネスとして起業を考えてみる、すなわち「+α」の収入のある暮らし方を考えてみようというものです。もちろん収入だけではなく、今の暮らしに自分の出来る地域活動を加えてみるということも広く「+α」としてとらえています。

 昨年はそのような趣旨のもとに、音楽活動、パソコン講師、ワーカーズコレクティブのレストラン、NPOの中間支援活動など多彩な方々に登場いただき、始められたきっかけや「+α」部分の内容について語っていただきました。
 2月には公開講座として「先輩から学ぶコミュニティビジネス」を開催し、コミュニティビジネスの世界で大活躍の堀池氏からノウハウを学びました。 
 公開講座では、初めてお顔を見る方が大勢いらっしゃり、アンケートでも「コミュニティビジネス研究会」を立ち上げた場合、参加したいという方が半数以上で、関心の高さにびっくりでした。

 と、いうわけで、そろそろ機は熟したかなと、3月は「CB(コミュニティビジネス)研究会」を発足させました!!
 このスピードとトントン拍子、すごいですねえ(と、自画自賛です。)
 自画自賛といっても、これは推進センター独自の事業ではなく、「+αカフェ」開催委員会が主催です。推進センターは共催として職員が関わっています。
 これ、元々は平成20年度に「鶴ヶ島で・・・新たな生き方探し」という講座を埼玉県団塊世代活動支援センターと一緒に開催したのですが、そこから発展したものです。この講座に企画スタッフとして関わってくださったIさんとFさんと一緒に、それを継続し発展させるために「+αカフェ」を開催することにしたものです。

 さて、いよいよ「CB研究会」発足です。
 どのぐらいの方が集まってくださるのか、フタを開けるまでドキドキだったのですが・・・。
b0149303_1656560.jpgなんと15名も集まってくださいました。スタッフと職員を入れると20名です。(今回は参加できないけど、次回からは参加したいと連絡をくださった方もいらっしゃいます。)
 第1回目の研究会はまず自己紹介をして、その後コミュニティビジネスについてIさんが基本的な説明をしました。
 そして4つのグループに分かれて「ワールドカフェ」という手法でグループミーティングです。
 ワールドカフェとは、それぞれのテーブル毎に机上の模造紙に自由にメモを描きながら、20分から30分程度の話し合いを行います。これをメンバーを変えながら3回程度行うことで、そこで出たアイデアが他のグループにも反映するようなイメージで、テーマに対する判断が短時間で深まるという効果があります。

b0149303_17225468.jpg 今回は時間が足りなく、1グループで話し合う時間も短かったですし、2回しかチェンジ出来ませんでした。
 そうそう、今回のテーマは「地域に欲しいサービス」です。





b0149303_17265531.jpg 最後にそれぞれのグループで出た意見を発表し、時間切れとなりました。


 全体の印象として、切羽詰まって欲しいサービスがあるという印象ではありませんでした。こんなものがあったらいいなという感じでしょうか。
 残り時間で今後の研究会について少し話し合ってお開きとなりました。
 自己紹介をお聞きした限りでは、皆さんやる気満々です。机上の議論だけではなく、具体的にどうやったら起業できるのかを研究し、個人でもグループでも実際に企業出来れば素敵ですね。これからが楽しみです。
 
[PR]

by sikatu5600 | 2010-03-26 20:53  

写真で見る「ボランティア・市民活動フェスタ2010」

 3月7日(土)は、東公民館と、隣接するコミュニティカフェ「ここほっと」を会場に「ボランティア・市民活動フェスタ2010」が開催されました。
 当日は、あいにくの雨模様で、野外で開催予定だった市民の森での行事や模擬店、フリーマーケットは縮小を余儀なくされましたが・・・心配された参加者は、雨にもかかわらずかなりの数になり、主催者たちはホッと胸をなでおろしました。
b0149303_12503670.jpg  さあ、フェスタの始まりです!
 観客の後ろにある白い玉は、参加者が赤い紙に好きな言葉を書いたものを貼って、くす玉になります。






b0149303_12554211.jpg 各団体の展示です。それぞれ工夫されています。










b0149303_12555677.jpg 











b0149303_1259557.jpg











b0149303_131688.jpg











b0149303_1323466.jpg 推進センターも展示しました。お隣は社会福祉協議会です。










b0149303_1355566.jpg 賑やかになるはずだった「昭和横丁」の看板も雨に濡れてさびしそうです。









b0149303_1343172.jpg 受付です。
 雨の中を来てくださる方には、本当に感謝の気持ちで一杯です。








b0149303_138694.jpg 玄関正面では地域ICTのPRです。










b0149303_13115753.jpg 2階では手話の講習や、











b0149303_13124383.jpg バリアフリー映画体験会なども開催されました。
 他にも移動児童館や写真撮影体験などもありました。








b0149303_1393682.jpg 森の中から前庭のテントの中になってしまったバンブーパンですが、子どもたちに大人気でした。













b0149303_15525651.jpg そしてこちらは紙芝居です。今も昔も紙芝居の人気は不動ですね。










b0149303_1558553.jpg 舞台では環境紙芝居や、











b0149303_1559612.jpg カントリーダンス











b0149303_15595259.jpg フラダンス











b0149303_1605756.jpg お馴染みのチンドンバンドなどもあり、学習をしたり楽しんだり・・・。
 若者たちの「実録・24時間ゴミ拾い」をというドキュメンタリービデオも放映されました。これは市民団体「鶴ヶ島市民映画舎」が作成したものです。とても良く出来ていて、市民の底力に圧倒されました。


b0149303_1632168.jpg 1階ロビーでは実行委員による郷土料理のお店が人気でした。今回は合理的な食券販売のおかげで、スムーズに流れていました。
 今回のフェスタは、若者たちと一緒に作り上げているという場面が随所で見られましたが、ここでも大活躍の若者たちでした。


b0149303_1671986.jpg 隣接する「ここほっと」で開催された歌声広場も盛況でした。











b0149303_169948.jpg そろそろ終わりに近づいてきた頃には、参加者の協力で真っ白だったくす玉は、真っ赤なリンゴになりました。













b0149303_1620564.jpg さあ、いよいよクライマックス!















b0149303_16213121.jpg 見事に割れたくす玉に、かかわった実行委員たちは大喜びです。














b0149303_16226100.jpg くす玉の中には宝くじが入っていたそうですが、写真右手前の男性はゲット出来たようです。当たるといいですね。
 「もし当たった場合は1割をフェスタに寄付してください!!」と司会者が叫んでいました。






b0149303_16232417.jpg くす玉は今回公募したフェスタのシンボルマークの発表という意味もあったそうで、これが採用されたマークです。








b0149303_16253211.jpg 最後はこれも恒例の「リンゴの木下で」を、みんな一緒に踊りました。
 関係者を除いて4~500名の来館者(子どもはカウントしていない場合が多い)があったとのこと。楽しいフェスタでした。
[PR]

by sikatu5600 | 2010-03-22 16:31  

只今の時間・・・

 只今19時57分。
 推進センターは20数名の会議が2箇所で開催中。両方とも熱心な話し合いが続いています。(時々笑い声も聞こえています。)
 広いワンフロアーのセンターですが、パネルで仕切って使っています。
 手前は結市の会議です。そろそろ暖かくなってきたので、西口広場での結市も開催しやすくなりました。
 いろいろな年代の方が集まって、みんなでアイディアを出し合って。
 いいですねえ。

 推進センターは21時までですから、あと1時間弱・・・。実りある話し合いが進みますように。

 
[PR]

by sikatu5600 | 2010-03-17 20:07  

原因解明!

 写真がアップできない理由がわかりました。
 ブログを始めてから今までの、たったの2年足らずで全体の容量が一杯になっていました。

 うーん、確かに最近は大きな写真をばんばん貼り付けていたと反省・・・。
 そこで一番最初から貼り直し作業を始めました。

 写真を一度デスクトップにコピーして、縮小します。今までの写真は殆どすべて数字の番号のままですから、何処に戻すかがわからなくならないように、個別の名前に変更しておきます。
 ブログの編集画面で、貼り付けてあった写真を消去して、新たに縮小した写真をもとのところに貼り付けます。ふう・・・。

 現在ブログを始めた2008年6月分が終わったところです。これだけでもだいぶ容量に余裕が出来たらしく、昼間に職場でアップした記事に写真を追加することが出来ました。ほっ・・・。

 さて、明日は休みだし、もう少しテレワークをしようかな。
 作業をしながら読み返してみるのも、過去のいろいろな出来事が思い出せて楽しいです。
[PR]

by sikatu5600 | 2010-03-04 23:04  

先輩から学ぶ コミュニティビジネス

b0149303_22415172.jpg 去る2月27日は、「シニアSOHO普及サロン・三鷹」の堀池喜一郎氏をお迎えして公開講座を開催しました。
 これは昨年5月から毎月開催してきた「ミドルエイジのための+αカフェ」が、次のステップへと続けるための講座でもあります。
 そもそも「+αカフェ」は、団塊世代を中心に、退職後の地域での生き方のヒントになるようにと開催されたものです。毎月異なるゲストをお招きして、お話を伺い、お茶を飲みながら様々な生き方を学んできました。

 そして今回、先輩から学ぼうと白羽の矢が立ったのは、堀池喜一郎さんです。堀池氏は定年後の暮らし方を視野に入れ、現役の時にボランティアを始められました。きっかけは市の広報です。その後「シニアSOHO三鷹」を立ち上げ、行政や企業と多様な協働ビジネスを展開してこられました。
b0149303_1062921.jpg

★シニアは地域の埋蔵金★

 堀池さんが話された印象的な言葉です。
 パワーポイントでシニアの「機能的健康度の変化パターン」という図表で、アクティブシニアとそうではないシニアを折れ線グラフであらわしたものを示されたのですが、元気な状態でいられる長さが違います。
 元気なときに活動することで早期衰弱を防ぎ、能力・役割を発揮すれば、医療費の削減にも繋がると話されました。確かに職業経験・人生経験豊かなシニアは莫大な埋蔵金です!!

 堀池氏は三鷹だけではなく、各地の成功事例を取り上げて話されましたが、会社人間から地域とつながるには、
①地域には多様な人がいるので共生が必要であり、
②都会の場合はゆるいネットワークと発信が必要であり、
③地域ではなく、コミュニティで役立つことをと提唱されました。
 コミュニティと言われるのは、自分に向いた団体活動を探すという事です。
 自分自身も楽しんで活動しなければ、活き活き出来ませんものね。
 待っているのではなく、ITを活用することも勧められました。


★ただならぬおじさんを目指す★

 これも堀池さんの言葉です。
 堀池さんは「無償をしない」ということを強調されました。小銭でもお金は稼ごうとおっしゃいます。それは「生きがい」だけでなく「やりがい」につながるからです。
 お金を貰えば専門性を高めなければなりませんし、継続しなければなりません。継続することで仲間作りも出来るのです。ただしお金の決め方はリーズナブルにとも話されました。
 「ただならぬ」とは、無償ではないという意味とただ者ではないという意味が込められています。

b0149303_22441867.jpg
 最近は「どこ竹」という竹とんぼ作りを子どもたちに教える活動にも力を注いでいる堀池氏は、その効果を持参した竹とんぼを飛ばしながら教えてくださいました。

 
b0149303_22402888.jpg
 司会は「+αカフェ」開催委員会スタッフ(「+αカフェ」は市民スタッフと一緒に企画しています。)の藤岡さんです。講師の到着が遅れている間、一分間自己紹介をして時間を繋いでくださいました。
 さすがの名司会ぶりでした。
 終了後は、やはりスタッフの市川さんがコミュニティビジネス研究会を立ち上げようと話されました。今回の参加者はスタッフを除いて26名です。知ったお顔もちらほら見受けられますが、ほとんどが始めての方でした。それも40代~60代半ばまでの方が多くいらっしゃいました。

 アンケート用紙でCB研究会参加希望者を募ったところ、16名の希望者が!!
 3月の「+αカフェ」は、手を挙げてくださった皆さん+α(当日は参加できなかった方もいらっしゃるので)で、CB(コミュニティビジネス)研究会を発足させましょう。

 アンケートは23枚回収。所用で先に帰られた方を除いて、全員が提出してくださいました。ご意見、ご感想の中からいくつか紹介します。
★ 「人と違う事をすることが大切である」という言葉が印象に残りました。
★今までCBという言葉の意味の認識があいまいでしたが、本日の話でCBの具体化の流れがよく理解できた ので、大変参考になりました。
★すべて参考になりました。目が開かれたような気がします。
★「タダならぬおじさん」おもしろい表現、似たようなことをしているが、広がらないのは発信することをあまりし ていないからということが、つくづくわかった。
★小額でもお金を稼ぐことが、目標や意識を高めるという点が参考になった。
★人との会話が苦手でなかなか前に進めないので、積極的になれて、CBをわくわく勉強してみたい。
★生きがい、やりがい、ナイスガイの3ガイ主義に共感しました。堀池さんの輝きから、多くの気づきを得まし  た。本も購入して拝読するのを楽しみにしています。
★自己紹介があるとは思わなかったので驚きましたが、おもしろかったです。
★何をするにしても人から指示されるのではダメ、自分で何をするかを作る。
★今後の生き方において、とても参考になるお話でした。ありがとうございました。「ただなるぬおじさん」を目指 していきたいと思いました。
★現在週3日、会社勤務しているが、いずれ早期にリタイヤして、完全フリーとなり、趣味に生きたいが?収入 が激減するのでまだやめられないでいる。不定期である程度の収入にもなる、「やりがい」を見つけたく考え ている。

 これ、全部ではありません。
 アンケートを集計して堀池さんにもお送りしたのですが、こんなにたくさんの書き込みに、感動したとおっしゃっていました。

 もっと写真を入れたいのですが、容量オーバーの表示が出てしまいます。かなり縮小してあるのになぜ?
[PR]

by sikatu5600 | 2010-03-03 20:52